Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 教育 > 国際化教育 > 国際化教育

国際化教育International Education

国際化教育

 慶應義塾の創立者福澤諭吉は三度海外に渡りました。彼はその見聞を『西洋事情』等として著し、西洋の知識を日本に広める先導的な役割を果たしました。薬学部・薬学研究科に属する大半の塾生は、芝共立キャンパスで学びます。福澤が三度の洋行を終え、自らの学塾を慶應義塾と命名したときの校地芝新銭座までは徒歩で10分とかからない立地です。薬学部・薬学研究科では、国際的な視野を持って日本の薬学を先導できる人材を養成するため、海外での研修や実習を行うプログラムを設けています。特に海外との協定校とのネットワークを強みとして、相互に学生を派遣して、国際化教育を実現しています。
 慶應義塾大学は多彩な学部・研究科を擁する総合・研究大学です。医学部・看護医療学部・薬学部の医療系三学部が揃う義塾ならではの特色を背景とした、海外実習プログラムも用意されています。
 以下に代表的なプログラムを紹介します。

アドバンスト海外病院実習
三学部合同ラオスプライマリヘルスケア
アドバンストレギュラトリーサイエンス海外演習
ThaiPharmacyExperience
その他のプログラム

このページのトップへ